男性恐怖症になる原因を考える

スポンサードリンク

男性恐怖症になる原因を考える

男性恐怖症を克服する前に、まずはどのような原因があるか考えていきましょう。
・家庭環境が原因
父親から虐待を受けていた、もしくは母親が父親から暴力を振るわれていたのをみていたなど、家庭環境が災いして男性恐怖症になるケースです。

 

・過去の恋愛体験が原因
交際相手が暴力をふるったり怒声を浴びせたりする人だった、信じていた相手にひどく裏切られたという経験をすることから、男性に対して強い恐怖心や嫌悪感を抱いてしまうこともあります。

 

スポンサードリンク

 

・性的な嫌がらせをされた
痴漢、暴行など性的犯罪の被害者になることで、心は強い傷を負ってしまいます。
誰にも言えないので、1人で悩み苦しみが大きくなってしまいます。

 

・男性からのセクハラ、いじめが原因
男性のほうはそのつもりが無くても、些細なことで女性は傷つき恐怖心を抱いてしまいます。
子供のときのいじめ体験が深く心に刻まれて、そこから立ち直れない人もいます。

 

・なりやすい素質がある
自意識が強かったり、人目を気にし過ぎたりするような性格の人は、そうでない人よりも男性恐怖症になりやすい傾向にあります。
男性に対して理想を抱き過ぎてしるばっかりに、裏切られるようなことがあればショックが大きくなることもあるでしょう。
他の人なら受け流すことができる事柄でも、簡単に受け流せずに心の傷となって残ってしまいがちです。

 

原因は一つとは限らず、いくつもの事象が重なって症状が出てしまうこともあります。
克服したいと思っているなら、そのひとつずつをほどいて対処法を考えていくと良いでしょう。

スポンサードリンク

次の記事 トラウマがきっかけで男性恐怖症に

男性恐怖症になる原因を考える関連ページ

トラウマがきっかけ
いじめが原因
失恋が原因で・・・

基礎知識 男性恐怖症の症状 治療法と克服法