強迫神経症と男性恐怖症

スポンサードリンク

強迫神経症と男性恐怖症

男性恐怖症と強迫神経症は、密接な関係があります。
強迫神経症とは、一つの物事に対して以上に囚われてしまう症状のことです。
少しでも気になり始めたら、常にそのことが頭から離れず生活にも支障をきたすようになります。
例えば、手を洗ってもキレイになっていないのではないかと不安になり、何度も手を洗う行為を繰り返すのも強迫神経症の一種です。

 

男性恐怖症の人も、強迫神経症を発症している場合があります。

 

スポンサードリンク

 

例えば、性的被害にあった後に、自分の体が汚れているような気がして何度も体を洗わずにはいられないという行為も、強迫神経症です。
男性が座った場所には座れない、使ったものには触れないという行為も当てはまります。

 

街中を歩いていると、「また自分は被害にあうのではないか」という強い不安に駆られてしまい、外出もままならなくなることもあります。
ここまでいくと、単に男性が怖い男性恐怖症ではなく、強迫観念にとらわれているといえます。
このような症状を解消するには行動療法も効果的なので、治療を実施している心療内科などに相談するといいでしょう。

 

スポンサードリンク

前の記事 男性恐怖症と過呼吸症候群
次の記事 男性恐怖症と視線恐怖症


基礎知識 男性恐怖症の症状 治療法と克服法