男性恐怖症で上手に心療内科にかかるコツ

スポンサードリンク

男性恐怖症で上手に心療内科にかかるコツ

男性恐怖症を自分では克服できなければ、思い切って心療内科にかかるのが良いでしょう。
でも、内科や外科など他の診療科とは違って、心療内科は掛かり方が非常に難しいものです。
男性恐怖症はレントゲンを撮って診断というわけにはいかず、医師との相性でも治療は非常に左右されます。
どうしても相性が合わなければ、思い切って病院を変えてみましょう。

 

まず、心療内科には医師とカウンセラーが別々にいます。
カウンセラーは話を聞いてくれる人で医師とは違い、薬を処方することはありません。

 

スポンサードリンク

 

医師はカウンセラーの話も聞きつつ患者の要望も聞きながら、診断して薬を処方します。
医師がカウンセラーのように悩みや昔のトラウマのことを聞いてくれる場合もありますが、カウンセラーと完全に仕事を分担して、一切聞かない場合もあります。
いずれの場合も基本的には患者の話を聞くのに徹し、向こうから意見を言うことはありません。

 

男性恐怖症の場合は根深いトラウマが原因であることも多いので、たっぷりカウンセリングに時間を割く病院の方がいいでしょう。
それなら、専門のカウンセラーがいた方がベストです。
そのためには前もって予約が必要になります。
また、言いたいことが上手く伝えられずモヤモヤして終わってしまうといけませんので、前もって言いたいことを紙にでもまとめて持って行くのもいい方法ですね。

 

スポンサードリンク

前の記事 男性恐怖症は何科に行けばいい?
次の記事 男性恐怖症治療に取り入れる行動療法とは


基礎知識 男性恐怖症の症状 治療法と克服法