男性恐怖症の治療法と克服法

スポンサードリンク

男性恐怖症の治療法と克服法記事一覧

男性恐怖症を治療する病院

生活にも支障をきたして男性恐怖症が辛いと思うなら、治療が必要になってくるでしょう。特に周りにも理解者がいなくて、自分で克服したいと思っていてもどうしようもないときには、医療機関のサポートが必要です。男性恐怖症は対人恐怖症ですので、そのような症状を扱う診療科といえば心療内科や精神科でしょう。これまで心...

≫続きを読む

男性恐怖症は何科に行けばいい?

「男性恐怖症」と「男嫌い」は全く別物で、単なる好き嫌いの問題ではなく、好きになりたいと思っても体が拒否反応を示すのが男性恐怖症。これは一つの疾患と考えて良いでしょう。ですから必要であれば、病院で治療を受けることも考えた方が良いでしょう。実際、最初はしり込みしたものの、結局病院で治療を受けることで克服...

≫続きを読む

男性恐怖症で上手に心療内科にかかるコツ

男性恐怖症を自分では克服できなければ、思い切って心療内科にかかるのが良いでしょう。でも、内科や外科など他の診療科とは違って、心療内科は掛かり方が非常に難しいものです。男性恐怖症はレントゲンを撮って診断というわけにはいかず、医師との相性でも治療は非常に左右されます。どうしても相性が合わなければ、思い切...

≫続きを読む

男性恐怖症治療に取り入れる行動療法とは

男性恐怖症の治療法には、投薬以外にも行動療法を取り入れることがあります。行動療法とは別名認知療法とも呼び、認知に働きかけて問題を解決していくという治療法です。投薬治療と並行して実施することで、少しずつ男性恐怖症の克服に役立てることができます。具体的にどんなことをするかと言うと、まずは原因となる事柄を...

≫続きを読む

男性恐怖症を治療する催眠療法

男性恐怖症を治療する方法のひとつに、催眠療法があります。催眠療法とは心理療法のひとつで、催眠状態に誘導していくことによって、潜在意識に働きかけようという方法です。対人恐怖症だけではなく、苦手意識を改善するために用いられることがあります。男性恐怖症の場合、その原因となる事柄を本人が忘れていることがある...

≫続きを読む

男性恐怖症を治療するカウンセリング

男性恐怖症を治療する方法には、カウンセリングもあります。カウンセリングは患者自ら解決策を見つけるためにサポートをするだけなので、決して意見を押しつけたりすることはありません。通常は50分から60分程度の時間を掛けて行うので、前もって予約が必要になります。カウンセリングは心療内科や精神科だけではなく、...

≫続きを読む

男性恐怖症で投薬治療が必要になる場合

男性恐怖症は心の病ですが、体へ表れる症状が強ければ薬での治療も必要になってきます。不安が強過ぎて動悸、めまい、冷や汗などの症状が出てくるなら、医師と相談しながら薬を処方してもらいましょう。男性恐怖症で処方される薬は、主に4種類あります。・抗不安薬・SSRI・β遮断薬・睡眠導入剤抗不安薬はその名の通り...

≫続きを読む

男性恐怖症の再発とは

男性恐怖症は一度良くなったと思っていても、再発してしまうこともあります。子供のころのいじめや性的いたずらのせいで男性恐怖症になったとしたら、大人になっても彼を作らず1人でいることでしょう。でも、社会に出てみて色んな男性を接することで、男性は怖いだけではないということが自然と受け止められるようになり自...

≫続きを読む

男性恐怖症は熱中できるものを探すのがいい

男性恐怖症を含む対人恐怖症を少しでも軽減するには、何か熱中できるものを探すことが効果的です。得意なことができれば、人間はそれだけで自分に自信を持てるようになります。どんなものでもいいですので、何か一つの分野に没頭できるようになれば、だんだんと人目も気にしなくなります。熱中できるものは本当に何でもよく...

≫続きを読む

男性恐怖症は精神科の入院が必要?

男性恐怖症の為に通常の社会生活に支障が出る場合、精神科の診察を受けると良いかもしれません。中には実際に男性恐怖症に悩み、精神科での治療を受けたいと望んでいる人もいることでしょう。しかし他の診療科と違って、精神科というのはどうしても敷居の高いものになってしまうようです。特に「精神科=入院」というイメー...

≫続きを読む

男性恐怖症と心療内科

男性恐怖症が深刻な場合、病院での治療が必要になるかもしれません。病院には様々な診療科がありますが、男性恐怖症の場合に治療を受けるべきは、「心療内科」か「精神科」になると思います。ここではまず「心療内科」についてご説明します。心療内科とは、心身症を扱うところです。心身症とはメンタル的な原因によって引き...

≫続きを読む

男性恐怖症における精神科とその選び方

男性恐怖症が原因で具体的に体の機能に障害が出ている場合に受けるべきは「心療内科」ですが、体の機能障害の根本原因となっている「男性恐怖症」という心の状態そのものを治療するのであれば、「精神科」(もしくは「神経科」)にかかる必要があります。精神科は心の症状に対する治療をすることがメインになりますから、例...

≫続きを読む

男性恐怖症における精神科の初診に必要なもの

男性恐怖症は明らかに心の病気ですから、精神科で治療を受けると回復が早くなる場合が少なくありません。しかし精神科というのはどうしても入りづらい所ですから、なかなか第一歩が踏み出せない人が多いようです。そこでここでは精神科の初診についてご紹介したいと思います。予め予備知識があれば、第一歩も踏み出しやすい...

≫続きを読む

男性恐怖症における精神科の治療法

男性恐怖症を専門的に治してもらいたいなら、やはり精神科で診てもらうのが一番です。ただ心の病気は、同じ「男性恐怖症」という名前が付いていてもその症状や原因によって治療法が変わってきます。また診察する精神科医によっても選択する治療法が違う場合もあるでしょう。ここでは精神科で受ける治療についてご説明します...

≫続きを読む

男性恐怖症の投薬治療~抗不安薬~

男性恐怖症がひどい場合、動悸や眩暈など身体的な症状に強く表れることもあり、この場合医師の処方の元に投薬治療が施される場合もあります。男性恐怖症で使われる薬の一つに「抗不安薬」が挙げられます。抗不安薬には、その化学構造によって「ベンゾジアゼピン系」や「チエノジアゼピン系」「ジフェニルメタン系」等幾つか...

≫続きを読む

男性恐怖症の投薬治療~睡眠導入剤薬~

男性恐怖症を含め、様々な「恐怖症」という疾患は、根底に不安や恐怖がありますから、睡眠障害が起こりやすいものです。それで睡眠障害を改善するために睡眠導入剤が処方される場合もあります。根本的な治療法にはなりませんが、睡眠不足による男性恐怖症の悪化やうつ病に繋がる危険性を少なくすることができます。睡眠導入...

≫続きを読む

男性恐怖症の投薬治療~β遮断薬~

極度に身体的な反応を起こす男性恐怖症の人に対しては、それらを抑える働きをする投薬治療が施される場合があります。男性恐怖症に対して処方される薬の一つは、「β遮断薬」です。β遮断薬は、男性恐怖症のみならずパニック障害などの精神的な疾患、また高血圧や不整脈、狭心症の薬としても用いられているものです。これら...

≫続きを読む

男性恐怖症の投薬治療~抗うつ薬~

男性恐怖症が身体的な症状に及ぶ場合、医師の判断で投薬治療が行われることがあります。勿論薬で男性恐怖症を改善するということではなく、男性恐怖症からくる「脳の異常な状態」を抑える働きをする薬です。その一つが、「抗うつ薬」です。抗うつ薬にはSSRI、SNRI、TCA、NDRIなど合計8種類の薬が存在します...

≫続きを読む

男性恐怖症を克服するには長い年月が必要

男性恐怖症を克服するには、非常に長い年月が必要になると言われています。特に男性恐怖症を引き起こす原因のトラウマが非常に大きなものであればあるほど、それだけに克服も困難になります。性的被害に合った人ならなおさらのことで、10年以上掛けてもなお症状に苦しむ人もいます。大事なのは、絶対に無理はしないことで...

≫続きを読む

男性恐怖症を克服する前に自分を好きになろう

男性恐怖症を克服するには、まず自分を好きになることが大切です。男性恐怖症になってしまった原因を考えると、過去のいじめや暴力、性的被害が挙げられます。被害者であるのに、自分にも悪いところがあるのではないかと自信を無くしたり、そんな目に合ってしまった自分が嫌だと嫌いになってしまったりします。ありのままの...

≫続きを読む

もし自分が「軽度の男性恐怖症かな」と思ったら

自分は軽度の男性恐怖症じゃないかと悩んでいる方は多いです。男性の前だと緊張してしまう、引っ込み思案である、程度ではおさまらず、・男性に対して恐怖感がある・顔が赤くなる・汗を大量にかく・動機が激しくなる・男性に対して嫌悪感があるといった症状がある場合は、軽度の男性恐怖症の可能性があります。重度の男性恐...

≫続きを読む


基礎知識 男性恐怖症の症状 治療法と克服法