男性恐怖症の職場での問題

スポンサードリンク

男性恐怖症の職場での問題

男性とさえ距離を保つことができてさほど生活に支障が無ければ、男性恐怖症は無理に治そうと焦らないことが大切です。
しかし、どうしても男性を避けられない状況というものがあります。
ここでは、男性恐怖症が引き起こす職場での問題を考えてみましょう。

 

まず、多くの職場には比率は違っても男女がいます。

 

男性恐怖症の女性は少しでも男性の少ない職場へ就きたいと考えるでしょうが、生活のことを考えるとそう簡単にはいかないものです。

スポンサードリンク

 

運よく女性の多い職場だったとしても、上司は男性、取引先やお客に男性がいたりすることもあります。

 

通常の会話ができるなら問題はありませんが、ちょっと話しただけで赤面や発汗、目があっただけで吐き気をもよおすなどすると業務にも支障をきたしてしまうでしょう。
無理に嫌悪感を我慢し過ぎてしまったために、うつ状態になってしまう人もいます。
業務にも支障をきたすぐらい症状がひどいけど職場を変えたくないというなら、思い切って医療機関での治療も検討してみましょう。

 

スポンサードリンク

前の記事 男性恐怖症の女性へアプローチする方法
次の記事 男性恐怖症は周囲の協力が必要


基礎知識 男性恐怖症の症状 治療法と克服法