男性恐怖症の女性へアプローチする方法

男性恐怖症の女性へアプローチする方法

男性恐怖症とは

男性恐怖症というのは、その名の通り、男性に対して恐怖心や不安感、嫌悪感が強い症状を指します。
大なり小なり、男性と話すときや接する時に女性は意識してしまうものですが、苦手意識というレベルではなく、男性が近づいてきただけで精神的な部分はもちろん、肉体的な部分においても拒否反応が出てしまうようになると男性恐怖症と言えます。

 

男性恐怖症と男嫌いは同じ?

男性恐怖症に似ている男嫌いというものがあります。
単なる男嫌いの場合、過度な汗が出たり、場合によっては吐き気など肉体的な拒否反応は出ません。
男性恐怖症の方でも好きな異性ができることはありますし、交際に至るケースもあります。

 

スポンサードリンク

 

しかしながら、交際に発展したとしても事あるごとに男性恐怖症の症状が出てしまい、彼氏とうまくいかず、別れてしまうことも少なくありません。
好きな男性ができれば必ず男性恐怖症を克服出来る訳ではありません。
男性恐怖症というのは根深いものであると言えるでしょう。

 

男性恐怖症の方との接し方は

男性恐怖症になってしまった原因が何なのか分かればいいですが、心の傷を掘り起こしてまで話そうという人は少ないです。
そもそも本人も原因が分からないケースも多いのです。
どうにかして治してあげたい、良くなってもらいたいという気持ちが強くても、男性恐怖症は本人が一番つらい思いをしています。
ゆっくりと自然に接してあげるのが一番だといえます。

 

男性恐怖症の方と接するときには、プレッシャーを与えてはいけません。
近くに寄られるのが怖いというのであれば、手紙やメモ用紙などを使ってやり取りを始めるところから、徐々に話し相手になってあげられるようにすると良いでしょう。
性的被害を受けても、男性恐怖症にもならず明るく前を向いて生きている人もいます。
そのような方々が口にするのは「理解して受け入れてくれる人が近くにいた」ということ。
自分に起こった不幸を上手に処理することができる人はそう多くはありません。
何十年もかかって治療を行っている人もいます。

 

何ともなくて何年後かに思い出し、急に苦しくなって男性恐怖症になってしまうことだってあります。
傷をまったくゼロの状態にすることはできませんが、見守ってあげる、そばにいてあげる、それが男性恐怖症の方を安心させることに繋がります。

 

 

男性恐怖症の人にアプローチするには

 

好きな女性が男性恐怖症だったら、男性はどうしたらいいのでしょうか?
もしその女性と付き合いたいと思うなら、かなりの根気と覚悟が必要です。

 

相手は過去のトラウマが原因で男性に対して強い恐怖心を抱いており、いつまでプラトニックな関係が続くかも分かりません。
それでも構わないと思うなら、彼女の良き理解者になってあげましょう。

 

まず、男性恐怖症の女性は大きなトラウマを抱えていることを理解しましょう。

 

スポンサードリンク

 

男性恐怖症の方に対してアプローチするときは、何気ないメールのやり取り、共通の趣味を見つけたりしながら、一歩一歩確実に歩みを進めていきましょう。
アドレスが交換できる、連絡先が聞けるというだけでもかなり大きな一歩です。
当然のことながら焦りは禁物で、ゆっくりと歩幅を合わせて歩いていくことが大切です。

 

どうしても白黒はっきりさせたい、早く自分のものにしたいという気持ちが出てきてしまって、焦ってしまうこともあるかもしれません。
なかなか進展しない関係にやきもきしてしまう事だってあるでしょう。
ですが、彼女は男性恐怖症であることを忘れてはいけないのです。
誰よりも優先させ考えてあげなくてはいけない存在だからです。

 

日々の振り返りでは進展していないように感じることだってあるかもしれません。
ですが月日を重ねることで、振り返ってみたら、始めよりもかなり進展したお付き合いや関係性が築けていることを実感することができます。

 

肩や手を触れようとしたときに強い拒否反応を出されてしまい、嫌われているのではと傷ついてしまう可能性もあります。
しかし、女性の傷の深さが理解できればその反応にも理解を示すことができるはずです。

 

もしいまから男性恐怖症の女性にアプローチしたいと考えているなら、決して異性として見ているという態度を見せてはいけません。
自分が恋愛対象、性的な対象で見られていると思った瞬間に恐怖心が強くなってしまうからです。
女性が自分の心の傷について話し始めたときはかなり心を許してきている証拠ですが、それでも焦らずゆっくりと包んであげましょう。

 

 

男性恐怖症だけど女性なら恋愛がしたい

男性恐怖症でも好きな人ができることはよくあります。恋愛がしたい、恋人がほしい、ある程度の年齢になればそう感じることも多くなります。
しかしながら、そう簡単に恋愛ができて恋人とうまくいけば、男性恐怖症とは言いません。
思っている事と心身的な部分に大きな差が生じてしまうために、男性恐怖症の女性はよけいにナーバスになったりネガティブに考えてしまいがちです。

 

そういった点もしっかりと念頭におき、目には見えない辛い症状を抱えているということを忘れないようにしましょう。
周りの友人や知人が恋人と楽しく過ごしていたとしても、「よそはよそ、自分は自分」、彼女のことが本当に好きなのなら他と比べてはいけません。
彼女が大切なら、彼女のペースに合わせ一歩一歩進んでいく、それが一進一退であったとしてもできるのではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

 

前の記事 男性恐怖症の女性は結婚できる?
次の記事 男性恐怖症の職場での問題


基礎知識 男性恐怖症の症状 治療法と克服法