男性恐怖症で辛いこと

スポンサードリンク

男性恐怖症で辛いこと

「単に男性が嫌いなら避ければいいのでは?」という考えで済ませられるほど、男性恐怖症は簡単なものではありません。
男性恐怖症でいて辛いこととはどんなことなのか、具体的に考えていきましょう。

 

まず、会社が学校に男性がいて絶対に接触を避けられないケースです。
男性恐怖症には程度があって、日常会話自体は問題無くできる人もいます。
しかし、エレベーターや階段などで思いがけず手や肩が触れてしまうことは良くありますが、そんな状況に陥った時に吐き気や強い動悸を引き起こしてしまう場合もあります。

 

スポンサードリンク

 

そして、自分では避けているつもりなのに、なぜか男性に頻繁に声を掛けられてしまうことです。
男性から性的な対象として見られていると思うだけで、強い嫌悪感が沸き起こってきます。

 

男性と仲良くなったときにも辛い出来事がしばしばあります。
この人は信頼できると思っていたのに、ふとした瞬間に男性の部分を垣間見てしまい、ショックを受けてしまいます。
信頼していただけによりショックは大きく、男性恐怖症が悪化してしまうこともあります。

 

スポンサードリンク

前の記事 男性は男性恐怖症の女性をどう思う?
次の記事 男性恐怖症と間違えられやすい


基礎知識 男性恐怖症の症状 治療法と克服法