思春期の男性恐怖症

スポンサードリンク

思春期の男性恐怖症

男性恐怖症は、多かれ少なかれ誰でも起こりうる症状です。
特に多くの女性が体験するのが、思春期の男性恐怖症なのではないでしょうか?

 

例えば10代のころに、男性と話すのが嫌、近くにいるのも嫌、いつもエッチなことばかり考えている男子は不潔で大嫌いと考えたことが無いでしょうか?
思春期は性に目覚める年代でもありますが、嫌悪感が強くなってしまうこともあります。
男性が女性を見る目も許せなければ、だんだん大人の女性へと変化していく自分の身体も気持ち悪くて、許せなくなります。

 

スポンサードリンク

 

ひどい場合は大きな胸とヒップに嫌悪感を抱き、拒食症になってしまう場合もあります。

 

男性が性的欲求を持っているということが分かると、身近な存在である父親さえも嫌になってしまいがちです。
多くの場合は成長していく段階でだんだんと症状が無くなっていくものですが、まれに男性恐怖症がひどくなってしまう人もいます。
男性と目が合うだけで吐き気をもよおすような症状が表れるなら、カウンセリングなど治療も必要になってくるでしょう。

 

スポンサードリンク

前の記事 男性恐怖症と男嫌いは一緒?
次の記事 女子校だと男性恐怖症になりやすい?


基礎知識 男性恐怖症の症状 治療法と克服法